FC2ブログ

新しいシャンソンを新しい言葉に乗せて

   シャンソンの訳詞のつれづれに                      ~ 松峰綾音のオフィシャルブログへようこそ ~

ホームページの開設

         待望のホームページができました!! 
                     是非ご覧ください ⇒
ブログバナー2


このページのトップへ

ライヴ・コンサートのお知らせ

松峰綾音 ライヴ・コンサート・イベントのお知らせ
                     (2020. 1. 8 現在)
                                                               (通常のブログはこの下の記事から始まります)

              
 <2020年 6 月> 
   松峰綾音 月の庭
      シャンソンと朗読のひととき  Vol.8

   
 旧日本銀行京都支店、辰野金吾氏設計の重要文化財で、威風堂々とした趣の近代建築、「京都文化博物館別館ホール」でのコンサートです


     訳詞 歌 朗読 松峰綾音   ピアノ  坂下文野
     日時  2020年6月5日 (金) 開場17:30 開演18:00                  
     会場  京都文化博物館別館ホール             

京博1 京博2

  <2020年 7 月>

   コンサートツアー、初の横浜公演です。

    
20207月初旬(日程未定) (横浜) 
       13:30 開場 14:00 開演  
       岩崎博物館 山手ゲーテ座ホール

     

岩崎博物館2

   お問合わせは、いずれも管理者のメール(ブログ左下)、または WEB のコンタクトからお願い致します。  

 詳細は、順次ブログにてお知らせして参ります。
 

 

 コンサート 2019年そして2020年へ(2019.12.19)

このページのトップへ

お正月の雑感

   少年老い易く
 どんど焼きが済むと、子供たちの頭から完全に正月というものはなくなって行った。
 正月はもう過ぎ去った一つの事件であるに過ぎない。
 正月はもう終わってしまったのである。
 この頃から伊豆の天城山麓の村々は本格的な寒さに見舞われた。


 井上靖の自伝的長編小説『しろばんば』の一節ですが、この時期になるといつも鮮明に浮かびがってくる文章です。

 大正初期の伊豆の鄙びた山村で育った耕作少年の成長の物語。
 自然に包まれ、季節の流れに身を置きながら、その中で穏やかに営まれてゆく路傍の人々の質実な生活ぶりと心模様が細やかに描かれています。
井上靖書斎
 どんど焼きの日に、子供たちは皆、一斉に自分の書いた書初めを火にくべるのですが、その時、耕作は同級生あき子の書初めの
「少年老い易く 学成り難し  一寸の光陰 軽んずべからず」とある、大きく力強い文字を見てしまいます。
 彼はその瞬間、今すぐ土蔵へ帰り勉強をしたいような身の引きしまる気持ちにかられます。

 私が『しろばんば』を初めて読んだのは小学校の高学年の頃だったかと記憶しています。このどんど焼きの場面は特に印象的で、耕作のこの思いにとても共感を覚えました。

 「少年老い易く、学成り難し」、今や「少年」は遥か遠く、「学成り難し」も嫌というほど実感しているのですが、でも、お正月を過ぎたちょうど今頃の季節になると、「一寸の光陰軽んずべからず」の言葉が、胸の奥から一種の哀感を持って湧き出してくる気がするのです。

   『しろばんば』の授業
 中学一年の国語の教科書には、以前はどの出版社にも『しろばんば』の一部分が掲載されていました。最近はどうなのでしょうか?急速に教科書事情も変わってきて、定かではありませんが。(大抵は、このどんど焼きの次に登場する「ひよどりのわな」事件の場面が載っていました。)
しろばんば
 私は嘗て、中・高一貫のカトリック系の女子校で教鞭を執っていましたが、中学一年の授業を受け持つときには、この『しろばんば』を、一冊丸ごと3か月近くをかけて精読するという試みを行っていました。
 新潮文庫で528ページもある長編小説を全員に購入してもらい、これを教科書代わりに読み進めるという非常に冒険的な授業だったといえます。

 中学に入ったばかりの若葉が芽吹くようなこの時期に、これまで手に取ったこともない細かい文字の詰まった厚い文庫本を一冊、初めから最後まで授業の中で丁寧に読破するという経験が、読書をすることへの自信と興味、本を読むということがどんなことなのかという実感を体得させる契機になったのではと、その後の生徒たちの成長ぶりから、自負しています。
 その後もずっと中学一年で『しろばんば』一冊という伝統は、学校の中で定着し、幸いユニークな国語教育としての評価も得ることができました。
 蛇足ですが、この時期になると鎌倉、藤沢の書店から『しろばんば』が一斉に消えて、買い難くなるという伝説が生まれ、後には学校で一括購入をすることになりました。

   「年賀状これにて終了」について
 私は普段から手紙を書くのが大好きですし、お正月は「年賀状は必須」という古いタイプであるようです。
 教え子や友人に宛て、驚くほどの枚数になっています。
 一年間の年月を思い、言葉を添える、年賀状は年の瀬の大忙しの一大行事。
 確かに、これがなくなれば随分楽になることには間違いないのですが。

 そんな中で、「これにて年賀状を終えたいと思います」、「これからはメールかラインで」の通知が今年も何枚かありました。
 人それぞれの考え方で、これも大いにありかもしれませんね。
 「虚礼廃止」、もっと便利な通信方法はたくさんあり、手紙をやり取りする習慣も激減している昨今であり、また、終活の一つとして心身ともに「身軽に」ということもよく理解できます。

 私の高齢の両親は病身ですが、年賀状は続けており、とても丹念に文章も書き添えています。
 「友人が亡くなっていき年賀状も減っていく」と寂しそうに呟いていました。
 それでも、来年はどんな図案にしようかと、もう話していて、我が親ながら、あっぱれ!・・・・血筋なので、私もきっと、ずっと続けてゆくことになりそうです・・・・。

   ウズベキスタンからの年賀状
 海外にも友人、知人が何人もいて、年賀状は私にとって、そのやり取りができる楽しいきっかけでもあります。

 教え子の一人Hさんからこんなお便りが届きました。
ウズベキスタン
 「青の都」としてしか知らなかったウズベキスタンが、私にとっても、急に身近で大事な国になりました。
Hさんは聡明で暖かく誠実な方、ウズベキスタンでたくさんの豊かな経験を重ねて健やかにお嬢様たちを育ててゆかれることでしょう。
心からのエールを込めて、彼女からの素敵なお便りを、途中割愛しながらご紹介いたしますね。

実は、私たち家族は、今は主人の仕事の都合でウズベキスタンにて暮らしております。あと2,3年はこちらで生活する予定です。
  
  長女が小学5年の後半から、本格的に中学受験に向けて母娘ともに頑張っていましたが、受験日数日前に、まさかの駐在の話を聞かされました
 家族一緒に海外生活を送る最後のチャンスだと思い、そこから急遽、高校から戻れる一貫校へと受験校を変えて受験。そしてウズベキスタンへ移住という、ドタバタの2019年でした。
 2020年は、少し落ち着いた年になればと、思っております。

 ウズベキスタンは意外なほど住みやすく、治安も日本より良いくらいです。人も優しく、綺麗な世界遺産も沢山あり、文化的にもとても興味深い国です。が、日本人がほとんど居ないのと、世界に二つしかない二重内陸国の一つなので、魚が食べられないのと、英語も全く通じないのが不便です(^^;;
 日本人学校が無いので娘たちはインタースクールです。次女はアルファベットもままならないゼロからの英語生活ですが、私に似て超がつくほど楽天的姉妹なので、長女も次女もそれなりに楽しく学校生活を送っています。

 2020年の始まり、皆様にとって良い一年となりますように。



このページのトップへ

令和二年 今年も良い年でありますように

 新年、明けましておめでとうございます。
 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 皆様にとりまして素敵な一年でありますように。

 猫好きの私、令和初の年賀状もやはり猫。
 でも仲良くネズミと並んでみんな優しい表情をしている、ちょっとクラシックなこんなデザインで2020年の幕開けです。
    2020年年賀状

 昨年から始動した「松峰綾音 月の庭 シャンソンと朗読のひととき」
 自作の訳詞で歌うシャンソンに、詩・小説・エッセイなどの朗読を融合した、皆様に喜んで頂ける興味深いライブを今年も追求して参ります。

  6月5日(金)18:00~京都文化博物館別館ホールにて
  7月上旬(日時調整中)横浜岩崎博物館 山手ゲーテ座ホールにて
 コンサートを開催いたします
 皆様、是非ご来場下さいませ

  
 12月のクリスマスライブが終わって、あっという間に年の瀬、そして新年。
 今年もまた、こんな風に時間が駆け抜けてゆくのでしょうか。
 でも流れてゆく時間の中にも、やはり様々なことが起こります。
 他人の目からはほんのささやかな出来事でも、自分にとっては泣いたり笑ったり、結構深刻だったり、舞い上ったり、・・・・自分だけの時間の一つ一つに、人は精一杯格闘して過ごすのですよね。
 でも、それだからこそ、意味があるとも言えるのではないでしょうか。
 
 マイナスも含めて、心の深いところに色々な襞が刻まれ、積み重なっていくのが生きる醍醐味なのかなって思います。
 皆様にも私にも、この一年どんな出来事が起こり、どんな出会いと別れとがあるのでしょう。
 
 どうぞ、健康で充実した一年でありますように。
 そして世界が少しでも落ち着いて、平和でありますように。
 心から祈念致します。

 私の今年の抱負。
 年賀状に記したように、まずは次のコンサートに全力を傾けたいと思います。
 京都では、6月5日に文化博物館別館ホールでのコンサートが決まっていますし、7月には横浜でも開催する予定です。

 ・・・とびきりのコンサートテーマが突然、天の啓示のように降ってくると良いな、きっと閃くにちがいないと、かなり楽観的に太平楽に、現在、構えております。
 それにしても、目前のことだけに心奪われず、いつも自分が辿り着きたい場所や大事にしたいことを、揺らぎなく遠く見つめていることが大切ですよね。
 そして何でも楽しめること。心穏やかに。
 心引き締まる元旦の早朝です。
 
 これからいつものように八坂神社への初詣を済まし、その足で実家の逗子に向かいます。
    
 皆様もどうぞ佳い新年をお過ごしくださいますように。




このページのトップへ

『白の情景』ご報告

クリスマス、如何お過ごしでしたか。
 一足早いクリスマスライブ『白の情景』は12月21日に無事終了致しました。

 白がイメージされる素敵な詩や文章を沢山見つけました。
 ご紹介したくて、いつもより朗読が多くなったのですが、じっと耳を傾けて下さる客席の心地よい静寂の中で、読み手である私自身も、流れてゆく言葉の響きを反芻していたような気がします。
 いらして下さいました皆様、本当に有難うございました。

   開演まで
 「『白の情景』と銘打ったのだから、今回こそはきっと雪ね!」との巷の声に屈することなく、やはり穏やかに晴れ渡った一日でした。
 これまでトータルで20回以上はコンサートをしていると思うのですが、リハーサルの日も含めて、晴れなかったことは一度もないという我ながら驚異的な最長不倒記録の更新・・・・少し怖いです・・・・。
ピアノ廻り
 ピアノ廻りに白のチュールレース、白の花々と緑であしらわれたアレンジフラワーの中心には大輪の白薔薇、ポンセチアの植木鉢の赤を従えてひときわ輝いて見えます。
巴里野郎ライト

 今回から『松峰綾音 訳詞コンサート』改め、『松峰綾音「月の庭」』と名称を変更したのですが、月の光が柔らかい陰翳を持って、幾つもの情景や物語を包み込む、・・・・・開演前のステージのブルーのライトが、青白い月明かりのように見えました。

 巴里野郎のレトロな煉瓦の壁を照らす灯り、お客様を迎える準備も整っていきます。
受付のサンタさん
 受付のサンタさん二人。
 「白のドレスコード」の仕掛け人は実は彼女たちなのです。
真白なふわっとしたドレスに赤いサンタ帽が良く似合います。あまりにキュートだったので思わずシャッターを押しました。こんな可愛い笑顔が受付で迎えてくれたらそれだけでもう幸せが漂ってきますね。
開演前

 そして、開演前、私もほっこりとお出迎え。
 開場より早くいらしたお客様が何人もで、私のせっかちがいつの間にか感染してしまったのかもしれません。

 「白・・・悩んだ!」「私の白はこれ!」と言いながら、見せて下さるそれぞれのお客様のご様子が、何だか文化祭の前夜祭の時のような悪戯っぽいノリで、とても楽しかったです。
 「昨日買ってきたんや」って首元の真白いストールを見せて下さった男性、「白いものが何もなかったから、庭に咲いていた水仙の花をつけてきた」とジャケットの襟元を指さして下さったのも男性。
 知らない方たち同士がそんなお話しで盛り上がっているのが聴こえてきて、楽しさ一杯でした。
 そして、皆様が特に注目なさっていたのは、共に白のお着物の素敵なご夫妻。「数年前に買った白紬を今日は着てきました」と優しいお声でご主人が話して下さいました。

   開 演
 満席でスタートしました。
満席
 オープニング曲『小さなトーシューズ』に次いで、芥川龍之介の作品『白』の朗読。
 「白」って犬の名前なのです。
 「白」が、お隣の仲良しの犬「黒」の危機を救わず、見殺しにしたため、真っ黒な姿に変わってしまい、そこから「白」の自己否定の苦悩と自己救済への模索が始まります。
 そうは言っても、子供のための童話の形を取っていますので、難しい言葉は何もなく、筋立ても至ってシンプルなのですが、「白」の切ない胸のうちが身に迫って来るからでしょうか、中盤にさしかかる頃から涙ぐむお客様が何人もいらしてその気配がステージにもじわじわと伝わってきました。
 この作品に私自身がまずは大いに感銘を受けて取り上げるに至ったわけで、さすが芥川龍之介、心に深く照射するようなその筆致の凄さを、改めて体感した気がします。
 『蜘蛛の糸』の時のように、糸を切られて地獄の底で呻くことにならずに、「白」には幸せな結末が用意されていてほっとするのですが、芥川は、『蜘蛛の糸』の主人公が救われる<もう一つ別の物語>を、『白』という作品に託したのかしらと思いました。
 希求し続ければ、再び白へと再生する可能性を芥川自身が信じたかったのかもしれません。
 今回の『白の情景』で一番お伝えしたかった私自身のテーマもまさにここにあった気がします。

 第一部は「白の憧憬」、そして第二部は「白を語る」というテーマで進めて行きました。
 取り上げた作品や曲のそれぞれのことを本当はゆっくり語りたいのですが、とんでもない長文になりそうなので・・・。

 第二部は漱石の『こころ』、吉野弘氏の詩『雪の日に』、沢村貞子氏のエッセイ『白を語る』、宮沢賢治の詩『永訣の朝』、計四作を朗読し、それとイメージが繋がる曲を織り交ぜて歌いました。
 一つだけサプライズ曲を入れたのですが、それはいらしてくださったお客様とだけの秘密です。

 想いを込めて。
二部 羽のように
 そして、羽を広げたように。

 お陰様で楽しく充実したコンサートのひとときを過ごすことが出来ました。
 皆様に心から感謝申し上げます。
 
   クリスマスの贈り物
 以前にご紹介しました東京の友人、お人形作家の米山京子さんからコンサートを応援して下さるお手紙に添えて、こんな写真が届きました。
白い妖精2

「雪の妖精」と名付けられた可愛らしいお人形、大きく広げたレースが、第二部のシルバーのドレスにどこか似ている気がしました。







コンサートの日、こんなお花も頂きました。
先ほどご紹介したお着物をお召しの仲睦まじいご夫妻から。
清楚で、でも白ならではの艶やかさを持つ白花の素敵な花束です。
   花束    白玉椿
 そして、別の友人から。
 「白玉」という茶席の椿が二輪。
 花びらが内側に開くので八重のような華やかさはないけれど上品な風情なので、という言葉に添えて。

 コンサートの名残りが白く眩しく、我が家のリビングを包んでくれています。



このページのトップへ

コンサート 2019年そして2020年へ

   「白の情景」
 いよいよ明後日に迫ってきました。
 今年は咳風邪が流行しているようですね。
 私も一か月近く、気管支喘息様症状が治らずにいたのですが、今は快復し、明後日のコンサートに向けて体調上々です。

 「歌い手は声が楽器」との言葉通り、こんな時、健康状態をベストに保つことが何にも増して大切な努めであり、責任であることをしみじみ痛感します。
気がつけば、最近はとみに、早寝早起き、人ごみに出ない、心身穏やかに、ひたすら摂生に努めるという修行僧のような生活になってきていて、「多少破天荒でないと良いシャンソンは歌えないのでは」と口の悪い友人にからかわれている次第です。

 ともあれ、お陰様で、小さな会場ですが、ほぼ満席となりました。(残席はあと1~2席ですので、ご希望の方はご連絡お急ぎくださいね)
巴里野郎1 三回目の巴里野郎でのクリスマスライヴ、ご紹介したい作品・曲を沢山ご用意して、皆様と温かく楽しくそしてちょっと衝撃的な時間をと目論んでいます。

 今回「白の情景」というコンサートテーマにちなんで、お客様にドレスコードをお願いしてみました。
 「何か一つでも白いものをお持ちいただくか、白いものを身に着けて頂く事」

 明後日、午後14時から。
 「白の情景」がどんな風に会場に広がってゆくでしょうか?


   「京都文化博物館」でのコンサート決まりました
 速報です。
 つい最近、会場も確保でき、正式決定となりました。
 2020年6月5日(金曜日)、三条高倉にある「ぶんぱく」の名で親しまれている「京都文化博物館別館ホール」でのコンサートです。
京博1 三条通り2
 旧日本銀行京都支店、辰野金吾氏設計の重要文化財で、威風堂々とした趣の、京都三条通りの近代建築を代表する建物です。
 三条通り3   三条通り4
 三条通りには中央郵便局、SACRA、文椿ビルディング、家邊徳時計店等、素敵な近代建築が明治大正の面影を残して今も立ち並んでいて、お薦めの散歩道でもあります。
  記念切手


  こんな洒落た記念切手シートも入手しました。





 <2020年コンサートのご案内>

    松峰綾音 月の庭
    Chansonと朗読のひととき vol.8

    2020年6月5日(金)   (京都)
    17:30 開場 18:00 開演  チケット \4.000-

京博2
    京都文化博物館 別館ホール
    
    松峰綾音 訳詞 歌 朗読
    坂下文野 ピアノ



 そして横浜でのコンサートツアーも予定しています。

    2020年7月初旬(日程未定) (横浜) 
    13:30 開場 14:00 開演  チケット \4.000-
    岩崎博物館 山手ゲーテ座ホール
 

岩崎博物館2   岩崎博物館2
 みなとの見える丘公園の一角にあるエキゾチックな雰囲気の建物、フランス人建築家サルダ設計によって 1885(明治18)年に建てられた日本最初の西洋式劇場ホールです。
 実は会場の最終決定は6か月前ですので、まだ日程は未定なのですが、決まり次第改めてご報告いたしますね。

 予約申込み・問合わせはいつものようにWEBのコンタクトからお願い致します。


このページのトップへ

『優しきフランス』

訳詞への思いタイトル
 アンスティチュ・フランセ関西(旧日仏学館 在京都)でフランス語を学び始めてから、もう随分歳月が経ちました。
 現在受講しているのは週一回のクラスですが、取り上げるテーマが多岐に渡っていて、今は、新聞や雑誌などの記事を用いながら、時事問題を中心に幅広く生のフランス事情を紐解いてゆく大変興味深い授業を受けています。
日仏学館1
 通学で使ういつものバスの運転手さん、降車客に必ず、「このあともお気をつけて、素敵な火曜日をお過ごしください。」と声を掛けて下さるのです。
 気負いもなく、さりとて機械的でもなく、ソフトで自然な口調で爽やか。
 この言葉を聞くのがいつの間にか火曜日の愉しみになっています。
日仏学館2
 さて先週の授業では、「今回は、往年のシャンソンを取り上げてみましょう」ということでシャルル・トレネ(Charles Trenet)の『優しきフランス(Douce France)』という曲を教材に選んで下さいました。
 作品の背景や解釈等学んでいくうちに、トレネのこの曲に改めて感ずるところがあり、試みに訳詞を作ってみました。

 前置きが長くなりましたが、今日は「訳詞への思い」、この『優しきフランス』をご紹介したいと思います。

    『優しきフランス』
                      訳詞への思い<29>     

   Douce France
 Douceは「甘い・心地よい・穏やかな・柔らかい・優しい」などの意味。
 トレネジャケット
 1943年、シャルル・トレネ(Charles Trenet)作詞、レオ・ショーリアック(Léo Chauriac)作曲。
 第二次大戦後の動乱期にトレネ自身が歌って、フランスで大ヒットした曲である。この曲のヒットはこの時代の歴史的背景・世情に密接に結びついていると思われる。


   <この曲にまつわるトレネのプロフィール>
  1940年6月13日、ヒットラーの率いるナチス・ドイツがパリに入城。
  ニースに居たトレネは除隊し、パリに戻ることを決意。
  1941年アヴニュー劇場のステージに立つ。
  第二次世界大戦下の1943年にこの曲の制作。 同年、同劇場にて発表。
  戦後1947年録音され、爆発的ヒットとなる。


 手負いの祖国に向けた愛・誇りが、真っ直ぐに伝わってくるこの曲は、今も不朽の名曲としてフランス人に愛され、深く浸透している。
 曲構成は、クープレ(Couplets)とルフラン(Refrains)でしっかりと組み立てられていて、典型的シャンソンの形態を持っているといえよう。
 「クープレ」というのは、いわばセリフ部分のこと。物語の展開を時系列で語るように歌い進めてゆく。
 一方、「ルフラン」は、旋律を重んじ、情感豊かなサビをメロディックに歌い上げる部分で、印象付けるべく何度も反復されるのが常である。

 『Douce France』の冒頭は、幼少期の愉しかった思い出を物語るクープレから始まる。

   Il revient à ma mémoire  Des souvenirs familiers
   Je revois ma blouse noire   Lorsque j´étais écolier
   Sur le chemin de l´école    Je chantais à pleine voix
   Des romances sans paroles  Vieilles chansons d´autrefois

   慣れ親しんだ思い出の数々が記憶によみがえる
   黒い上着が目に浮かぶ
   小学生だった時 学校の道すがら
   歌詞のない恋歌 昔ながらの古いシャンソンを
   声を出して歌った 


 クープレはセリフを語るように言葉を音に入れ込むことが出来るので、比較的対訳に近い内容・言葉数で綴ることが可能なわけだが、試みに私が作った訳詞は下記のようである。

   小さな手 つないで 黒い上っ張り 着て
   学校への道 朝陽が眩しくて 
   ありったけの声で  ありったけの歌を
   意味も分からず   口ずさむ 恋のメロディー 
                          (訳詞 松峰)


 「黒い上っ張り」・・・園児が着るお揃いのスモック、フランスでは今も存在しているだろうか。
 日本でも時々黄色などのお揃いの上っ張りを着て、若い先生に引率されながら公園で園児たちが遊んでいるのを目にすることがある。制服の自由化は幼稚園にも波及するだろうから、こういう光景も段々減ってくるのかもしれないが。
 余談だが、カトリックの女子校で過ごした私の中・高時代には校内で着用するまさに黒い上っ張りがあって「タブリエ」と呼んでいた。 「タブリエ」はフランス語で割烹着のことだ。

 そして、ルフランへと続く。
   Douce France  Cher pays de mon enfance
   Bercée de tendre insouciance  Je t´ai gardée dans mon cœur!
   Mon village au clocher aux maisons sages
   Où les enfants de mon âge  Ont partagé mon bonheur
   Oui je t´aime  Et je te donne ce poème
   Oui je t´aime  Dans la joie ou la douleur
   車窓からのフランス

   心地よいフランスよ
  幼年時代の優しい安穏にはぐくまれた国
  私は君を心にとどめ続けることにした
  鐘楼とつつましい家々のある僕の村
  そこで私と同じ年頃の子供たちが 幸せを分かち合った
  そう 私は君を愛す  そしてこの詩を君に捧げる
  そう 私は君を愛す  楽しいときも苦しいときも
                        (注 君=フランス)
  

 音韻に留意しながら作ったこの部分の私の訳詞は下記である。
   Douce France   幼い日 mon enfance
   優しさに包まれ   時は流れてた  
   Mon village    鐘の音 響き渡り
   小さな灯りともる  穏やかな夕暮れ
   Oui je t´aime  いつだって心に   
   Oui je t´aime   輝き続ける  (訳詞 松峰)

   フランス農村風景
 クープレとルフランが組み合わさった風格のあるメロディーの中でトレネが伝えたものは、まさに祖国への愛。
 戦時下劣勢にあった自国の中で、敢えて「フランス万歳」「大好きな我が国」と明るく揺るぎなく歌い上げて、絶望感に苛まれていた戦火の民衆に、そしてレジスタンス運動の闘士たちに熱狂的な力と光を与えた一曲となったのだろう。

   『ふるさと』への思い
   兎 追いし かの山 小鮒 釣りし かの川
   夢は 今も巡りて 忘れがたき ふるさと


 幼少期の美しい思い出に彩られた「ふるさと」への憧憬はフランスに限るわけではなく、民族を越えた共通した感情なのだと思う。
 けれど、我が国の唱歌『ふるさと』の締めくくりは、

   こころざしを果たして いつの日にか帰らん 
   山は青きふるさと 水は清きふるさと 


 であり、包み込んでくれる慈愛に満ちた自然への愛、畏敬にどこまでも優しく帰結してゆく。

 奇しくも『douce France』の発表と同時期の1945年~1946年に、日本で歌われた戦後歌謡、空前のヒット曲となった『リンゴの唄』には、<日本が一番>というようなダイレクトな言葉はなく、可憐なリンゴの実を慈しみ、仄かな恋心のイメージを重ねるロマンチックな歌詞に、日本の再興を託していて、美しく穏やかな世界を志向するしなやかな情感を感じる。

 『douce France』がこれほどのヒット曲であったのに、日本においてさほど注目を集めなかったのは、この曲が、シャンソンの国フランスの、一歩も退かない矜持のような独特なパワーを醸し出していたためだったのかもしれない。

 最近のシャンソンの中から<ふるさと>の取り上げ方に注目したい曲が何曲かある。次の機会にこれに続けて紹介してみたいと思っている。
                             
                                  Fin


    (注 訳詞、解説について、無断転載転用を禁止します。
    取り上げたいご希望、訳詞を歌われたいご希望がある場合は、事前のご相談をお願い致します。)

    では、シャルル・トレネジュリエット・グレコの歌うそれぞれの原曲をお楽しみください。



このページのトップへ

小鳥三題

   うぐいす
 先日、友人からこんなメールと二枚の写真が届きました。
鶯
 ウグイス色っぽいので、ウグイスでしょうか。
 砂利道に転がっており、掌の上でククッと全身を震わせて息が絶えました。

 昨日はとりあえず枯れ枝をかけてきましたが、土に戻そうと今朝改めて見に行くと、深く埋めなかったので、カラスにでも食べられてしまったようです。
羽




 食物連鎖・・・・
 掌のウグイスを思い出し、撮りました。


 砂利道に転がっていたウグイス、人の掌に掬い上げられ、優しい温もりを感じながら命尽きたのだと、・・・・小さな命の最期をしっかり見取ってあげた友 人の慈しみ深い眼差しを感じました。
 包み込んでくれるものの中で命を終えることが出来るのは本当に幸せなこと。そして、命の灯が消える時は小鳥であろうとも密やかで厳粛な瞬間であることを思わせる写真です。

 中学生の頃、冬の朝、教室のベランダに小鳥が死んでいるのをよく目にしたことを思い出しました。
 透し硝子の大きな窓に、それと気づかず突進して、頭を打ちつける小鳥が何羽もいて、お腹を出した小鳥の死骸は無残でとても悲しかったのを覚えています。
 中にはただ気絶していただけで、やがて眼をさまし、ふらふらしながら飛んで行くのもありましたが。

 目を閉じ、足が内向きにくずおれたうぐいすは、昔、ベランダで見た小鳥の姿と重なりました。
 

  すずめ
 犬や猫はこれまで何度も飼ったことはありますが、鳥とはあまり縁のない生活をしてきました。
 それでも、子供の頃、一度だけ文鳥を飼ったことがあり、一緒に暮らしていると、侮るなかれ、かなり人の言葉も理解して人の生活と寄り添ってくるということに新鮮な感動を覚えたものでした。文鳥という鳥自体が人懐っこくその分利発でもあったのでしょう。

 その文鳥を飼っている頃の話なのですが。
 先ほどのウグイスに酷似する出来事。


 雀が庭に転がっていました。まだ息はあるのですが、大きな鳥にでもやられたのでしょうか?羽が片側折れて羽毛も食いちぎられ瀕死の状態でした。
 
 文鳥を育てている自信も手伝い、家で介抱することにしました。
 初めは震えていたのですが、そのうち観念したのか、或いは安心したのか、なされるがままに身を委ねるようになりました。
 奇跡的に回復してやがて元気になったのですが、鳥かごになど入れてないのに、何故か飛び立っていく気配もなく、何日もそうして、文鳥の友達のように家の中で共に過ごしていたのです。
 けれど、外に戻さねばと思い、・・・・・初めためらっていましたが、思い切るように飛んでいきました。

 掌の中の小さな雀の温もりをまだ覚えています。

 井伏鱒二に『屋根の上のサワン』という小編があります。
 孤独感に苛まれ、心に深い屈託を抱えた主人公が、或る日傷ついた雁を助けます。
 「サワン」と名付け、共に暮らしているうちに、ずっと傍に置きたいと思い、サワンの片羽を傷つけ飛べなくしてしまいます。
 サワンは彼に懐き、彼と穏やかな楽しい日々を過ごすのですが、でも最後は、仲間の雁たちと共に空高く飛び立って行くことを選ぶという物語です。

 小さな雀が空に帰って行ったとき、ふとこのサワンの物語を思い出しました。


   はと
 鳥に複雑な心があるとは思いませんが、でも一度だけとても不思議な体験をしたことがあります。

 逗子の家から勤め先まで車で通勤していた頃です。
 二台目の車は真っ赤なトヨタのスプリンターで、片道20キロ近くを毎日乗って、12年間で12万キロを越えていました。
 車は徹底的に乗り潰す主義で、しかもかなり気に入っていた愛車だったのですが、いよいよ寿命ということになり、廃車に引き取りに来て貰う日の朝のことでした。

 トランクに山鳩が止まってじっと動かないのです。
 初めは何とも思いませんでしたが、一時間も二時間もずっとそのまま居続けていましたので、一体どうしたのか突然気になり出しました。
 近づいてみましたが、全く逃げようとせず、ついには30センチほどの距離まで迫りました。肩にでも乗ってきそうな雰囲気です。
 野生の山鳩なのに、こんなことってあるのでしょうか。
 全く警戒せず、親しげにクウクウと鳴き声を上げるのです。
 そしてトランクからボンネットへクルクルと飛び回って、まるで愛おしそうに戯れているように見えました。
 
 ディーラーが車を引き取りに来る間の四時間余りずっとこんな感じで、私は段々不思議で感動的な気持ちになってきました。

 メルヘンチックに言うなら、長く乗った車の「精」・「魂」みたいなものが鳩に乗り移り、或いは鳩に姿を変え、別れを告げに来たような・・・。

 やがて車が引き取られ、車庫から姿を消したとき、山鳩はどこともなく飛び立っていきました。

 それを一緒に見ていた家族と共に、我が家ではその鳩を<スプリンター>と名付け、折に触れ不思議話として話題にしています。
 その時撮った写真があったはずで、探したのですが、残念ながら見つかりませんでした。出てきましたらまたご紹介しますね。

 猫を飼っていた日々の中で、充分痛感してはいるのですが、こんな小鳥との出来事を通してもまた、「生きとし生けるもの」には全て細やかな感情と思いがあるということを、私はどこかで強く信じているのです。





このページのトップへ

「白の情景」開催致します

 今回の台風の被害は甚大で復旧も思うに任せず、未だ大変な困難の中にいらっしゃる方々も多く、報道映像など見るにつけ胸が痛みます。
 長い辛労で体調を崩されませんように。
 一日も早く安寧な生活が戻られることを心からお祈りいたします。

 そんな中、今日は久しぶりの慶事、「即位礼正殿の儀」がとり行われる佳き祭日、これ以上、多くの人が自然災害に苦しめられませんように、国内外が平和で幸せでありますように、との願いを共に込めつつ、静かにお祝いしたいです。

 さて、そのような日、私事のささやかなご報告ですが、12月のコンサートのご案内をしたいと思います。

 「清水寺 成就院コンサート」が終った6月から、コンサート活動は小休止して、訳詞創りや、これまで懸案だった幾つかのデスクワークに専心してきました。
 来年になったら改めてと、思っていたのですが、実は、急に気持ちが動き、12月にライヴコンサートを開催することに致しました。

 いつも聴きにいらして下さるお客様たちから、「今年のクリスマス・ライブはいつですか?」とのお問い合わせがあり、それに背中を押されたのかもしれません。
 この数年の巴里野郎でのクリスマス・ライブが、いつの間にか恒例であるように皆様の中でインプットされ、楽しみにして下さっていると知り、何だかとても嬉しくなってしまいました。
 継続するってこういうことなのかしら、私もクリスマスのステージは大好きですし、・・・。
 そんな矢先、或る明け方、ライブのテーマと、朗読したい作品が、突然閃いて、・・・神がかりみたいでちょっと怪しげですが・・・・今年もやってみようと決めたのです。

 コンサートタイトル名は『白の情景』です。
白の情景チラシ巴里野郎

 チラシデザインもやはりその明け方に鮮やかに閃き・・・・テンションの高い目覚めってあるのですね!・・それに従ってあっという間に出来上がりました。

←こちらです。




   

松峰綾音 月の庭 
   シャンソンと朗読のひとときvol.7
      『白の情景』

   白なら純白でなくっちゃ・・・

   誰もが信じる 雪の白さ
   信じられている雪は せつない

   この雪はどこをえらぼうにも
   あんまりどこもまっしろなのだ


    2019年12月21日(土)
    13:30開場 14:00開演 ドリンク付 4000円
    巴里野郎KYOTO

   松峰綾音 (訳詞 歌 朗読)
   坂下文野 (ピアノ)

   『永訣の朝』宮澤賢治 作 朗読
   『白』 芥川龍之介 作 朗読 
   「生きてゆく痛み」 バルバラ
   「小さなトーシューズ」C.チャップリン 他

 
   松峰綾音 月の庭

   松峰綾音 月の庭 
   シャンソンと朗読のひとときvol.7
   『白の情景』

 これまで続けてきました「シャンソンと朗読のひととき」のシリーズもこれで7回目となりますが、今回から、「松峰綾音 訳詞コンサート」改め「松峰綾音 月の庭」とタイトルを変えることにしました。
 私の中では、<月が照らし出す静謐な夜に様々な情景が浮かび上がる>というようなイメージなのですが、これからのコンサートを通して、深化させてゆきたいですし、その意味合いもお伝えしてゆけたらと考えています。
 そして、これまでにもコンサートの中で取り上げてきた「朗読」の割合を増やしたいとも思っています。

 白の情景・・・

   白なら純白でなくっちゃ・・・

   誰もが信じる 雪の白さ
   信じられている雪は せつない

   この雪はどこをえらぼうにも
   あんまりどこもまっしろなのだ

 チラシに記した上記の文章は、今回朗読する作品からの一節、夏目漱石・吉野弘・宮沢賢治・・・それぞれの作家たちの世界観が「白」という色に凝縮されている気がします。

 「白」の彩りの中に思いっきり染まって頂けたら嬉しいです。
 切なかったり、心が痛かったり、束の間の安らぎを感じたり、さまざまな言葉・文学、そして歌の世界に心遊ばせる、一味違ったしみじみとしたホワイトクリスマスをお楽しみくださいね。

 チケットのお申込み・お問い合わせはいつものWEBコンタクトからお願い致します。



このページのトップへ

オルゴールそして琵琶

 
秋の空
 明け方の冷気を受ける心地よさがたまらなくて、この季節は益々早起きになっています。
 
 早朝の秋空。
 
 夏バテの心身もようやく覚醒し、ソロソロと始動してきました。
 このところ、コンサートや演奏会に出かけることが増えていますが、そんな中から今日は二つご紹介してみたいと思います。

   オルゴールに乗せて
 『和サブロー令和元年秋のツアー 古来稀なる歌をあなたに~』
 とても素敵なコンサートでした。
和サブロー
「和サブロー」さんは京都出身のシャンソン歌手、私はもう10年来のファンなのです。

シャンソン歌手として国内外で活動する和(わ)サブローさんが70歳の誕生日の20日、ふるさとの京都で記念ライブを行う。シャンソンの本場フランスから京都に拠点を移して7年。全国8カ所でライブツアーを展開中の和サブローさんは「フランス語と日本語という楽器で歌い続けたい」と意気込んでいる。
 
初めてシャンソンを聴いたのは14歳の頃。ラジオから流れるエディット・ピアフの歌声に衝撃を受け、シャンソンの世界を目指すことに。
フランス語を磨くためにパリのソルボンヌ大に留学。一時帰国したが、29歳で再びフランスに戻り、本格的なシャンソン歌手への道を歩み始めた。ピアフも歌ったシャンソンの殿堂・オランピア劇場への出演を果たし、2週間にわたるソロ・コンサートも連日満員にした。2000年には、仏政府から芸術文化勲章のシュバリエ章を授与されるなど、本場でも認められる存在となった。
         
                      (2019 9 19 産経新聞より抜粋)

  日本語もフランス語も、発する言葉がとても生き生きして、人柄がそのまま言葉となって染み入ってくるという印象を受けます。
 京都五花街の一つ、上七軒(かみしちけん)に生まれ育って、子供の頃の遊び相手は舞妓さんだったというだけあって、コンサートの間のトークも、花街の男衆のような生粋の京言葉が流麗に流れます。
 たくまぬユーモアをちりばめたその間合いにも、話術とはかくあるべきと感心させられるばかりです。
 コンサートの中のほとんどの曲を原語のフランス語で歌っていらっしゃるのですが、日本語同様、その響きもまた非常にしっとりとした味わいがあって魅力的、生半可なところがなくて、美しく伝わって来るのです。
 フランス人が聴いてもフランス人以上のフランス語で、きっと深い感動を与えるのではないでしょうか。

 言葉の力とはそういうものなのでしょうね。

 ステージ中央に飾られた70本の深紅の薔薇。
 この日古希を迎えた彼を祝うスタッフからのプレゼントなのでしょうか?

 コンサート後半、スイス製の手回しオルガンがステージ上に運ばれ、手回ししながら「パリのロマンス」を歌われました。
 ハンドルを回す手が少し遅れればそれにつれテンポも遅くなる、何とも長閑な演奏、オルゴールのノスタルジックな音色が古きパリの街に誘ってくれるような心地よい9月の宵でした。

   琵琶が奏でる物語
 昨年の東福寺「採薪亭演奏会」から早や一年が過ぎました。
大慧殿
 今年の演目は、筑前琵琶の演奏と創作狂言、私はビデオ撮影をお手伝いしながら、客席側から観賞させて頂きました。

演奏会のテーマは「西郷隆盛」、主催者の東福寺即宗院は西郷隆盛ゆかりの塔頭ですので、それにちなんでのことなのでしょうね。
 琵琶の演目は「西郷隆盛」と「城山」の二曲で、その間に創作狂言「無血開城」が入ります。

 琵琶奏者、片山旭星(きょくせい)さんのプロフィールから一部抜粋します。

1977年より筑前琵琶を人間国宝 山崎旭萃、山下旭瑞、菅旭香に師事。
88~89年、新内を人間国宝 岡本文弥に師事。
90~96年、肥後座頭琵琶を、最後の琵琶法師と言われた山鹿良之に師事。その旋律、奏法を次代に伝える数少ない琵琶奏者として、玉川教海の名前で活動している。
 一方、古典のみならず、現代邦楽、民族音楽等、ジャンルに捉われない演奏活動やジャズ、ダンサーとのセッションライブ。演劇、舞踏の音楽制作、作曲など、幅広い活動を通して、琵琶という楽器の持つ独特の音色を生かした新たな可能性を追求。
 
琵琶
 「西郷隆盛」はその劇的な生涯を、そして「城山」は非業の死を題材とした弾き語りです。
 片山さんの深く響く声と琵琶の切々たる音色が幕末の動乱の世界の動と静に導いてくれる気がしました。

 様々な歌のルーツは、東西を問わず吟遊詩人の弾き語りに始まっていると思われます。
 こんなにゆっくりと琵琶の音色を楽しんだのは初めて。
 琵琶法師が平家物語を歌い語ったその言葉に、琵琶の響きは寄り添ってきたのだということを肌で感じました。
 静かに流れる「いにしえの時」に身を委ねる心地よさ、贅沢な時間でした。
無血開城
 そして、西郷隆盛と勝海舟との切迫した対面の場面を独り狂言で演じた「無血開城」、なかなかの力作で、脚本も自ら演者の杉井玄慎和尚様が手掛けられたとか。
 狂言ならではの滑稽味を添えて、動乱の中の人間模様を鮮やかに描いて見せて下さり見事でした。

 耳を傾けて様々な音、言葉に感応したくなる秋が、いよいよ深まってきます。




このページのトップへ