新しいシャンソンを新しい言葉に乗せて

   シャンソンの訳詞のつれづれに                      ~ 松峰綾音のオフィシャルブログへようこそ ~

年の瀬に思いを澄ませば

 ブログの更新が大変遅くなり失礼致しました。
 「どうしたの、大丈夫?」とご心配を頂き、申し訳なく思っています。
 この二週間、体調を崩していたこともあるのですが、親族や友人に不慮の事故や病気が続いて、心痛めつつバタバタと東奔西走しておりました。それに事寄せ、生来の筆不精が顔を出して・・・お恥ずかしい限りです。
 そうこうしているうちに、今日はもう30日ですね。
 今頃、皆様は余裕を持って一年を振り返っていらっしゃいますか。或いは私のように、師走を駆け巡っておいででしょうか。
 この時期になると、新聞やテレビで今年亡くなられた著名人を偲ぶ特集などが紹介されます。
  29日~31日の朝、NHKで、今年ご逝去された方の中から、NHKアーカイブスに残っているインタビュー映像を紹介する『耳をすませば』という番組を放映しているのですが、ご覧になりましたか。
 何気なくテレビを付けて、思わず釘付けになりました。

   『耳をすませば』 ~三代目桂米朝さんの言葉
 一日目、29日は、食生活ジャーナリストとして「本当に豊かな食とは何か」を問い続けてきた岸朝子さん、そして日本にコメディーを根付かせたいと精力的な演劇活動を発信し、また声優の先駆者でもある熊倉一雄さん、このお二人を取り上げていました。
 そして今日30日は、文学座の俳優として舞台・映画に活躍した加藤武さんと、上方落語の第一人者、三代目桂米朝さんでした。
桂米朝
 それぞれの方たちの生き様が、その語る言葉の中に豊かに溢れていて、四人の方に共通するのは、ご自身が真に目指す道をいつもしっかりと見つめながら、信念と、そして喜びとを持ってひた向きに歩み続けていらした姿勢だと感じました。
 新しい世界を追求しようとすれば、勿論、様々な困難は生じますが、それを苦とせず、決して周りに振り回されず、生涯の終わりまで、強い情熱を持って貫き通していらっしゃったことに大きな感動を覚えます。
 インタビューに応える表情、言葉の全てが、気負わず、穏やかで、そして終始楽しげであること、自分の人生をこのように全う出来たらと思える素敵さがありました。

 沢山ご紹介したい言葉があるのですが、その中から桂米朝さんの言葉です。

 「10代にたった一度聞いた、それを頼りに復活した噺もあります。技術的なことをみますと、大工さんでも10代に覚えなければと言うんです。体で覚えるのは10代やというんです」(『耳をすませば』より)

 「本人でも、あるいは親御さんでも噺家になって弟子入り許されたら就職したように思われると一番困るんですね。苦労の始まりですよ、何の保証もない。全責任は1人やから。面白くなかったらお客さんは無反応ですわな。10年やったらなんとかなるとか、そんなものでは決してないです」(『耳をすませば』より)

 「私の好きな言葉に『一期一会』というのがあります。落語という芸は、この言葉の通り常に一生に一度です。」(読売新聞12/30より)

 生涯、胸に刻み続けた師匠米団治の教え。「芸人は米一粒、釘一本もよう作らんくせに、酒が良いの悪いのと言って、好きな芸をやって一生を送る。芸を磨く以外に世間にお返しする道はない。芸人になった以上、末路哀れは覚悟の前やで。」(読売新聞12/30 より)


   晦日の京都 市場の賑わい
 いつものように、錦市場を通り抜けて。

 「すぐき」は少し癖のある京都ならではのお漬物。大きいままで飛ぶように売れるのも年末ならの風物詩です。
お正月の細工が施された色鮮やかな蒲鉾。
すぐき かまぼこ おもち
京都では「てんぷら」と呼ばれるさつま揚げも人気です。

 お餅屋さんの店内ではつきたてのお餅を食べさせてくれます。
 京都では「鯛」と「はも」が縁起物です。
おもち 祝鯛 みそ
 お味噌の量り売り。主流は何と言っても白味噌です。

   鴨川べりから蛸薬師へ
 年賀状も書き終えて、大掃除も一段落しましたので、晦日の京都の街を少し散策してみたくなりました。

 錦市場の雑踏を抜けて、四条大橋から鴨川べりを三条大橋までゆっくりと歩きます。
冬の雲
 暖かい年の瀬ですがやはり雲と空は冬の色、川面がキラキラと反射して眩しく輝いています。
 夏なら川床を張り出している料亭の佇まいに静かな年の終わりを感じました。
鴨

鴨川の中州は鳥達の格好の遊び場になっています。
つがいの鴨が悠々と渡っていました。餌をついばむと川面に水紋が生まれます。

 どこまでも続く川べりの散歩道。 
カモメ2
 真っ白いカモメたちがこんなに沢山羽を休めていました。
 京都とパリとは姉妹都市なのですが、こうして鴨川沿いを歩いていると、セーヌ川の岸辺の風景が重なって思われます。
散歩道
 街中を大きな川がゆったりと流れて、その両岸に、街の賑わいがあり、しかも古い建物や寺社が混在している、そんな相似した街なのかもしれませんね。
 少しモノトーン風に撮ってみました。

三条大橋を渡り、再び街中へ。

昔ながらのお煎餅屋さんと、たわしと箒を売っているお店が少しレトロな雰囲気を醸し出していました。
せんべいや たわしや

 新京極の通りに入り、永福寺、通称蛸薬師へ参拝しました。
 この蛸薬師は、薬師如来を祀る病い平癒の寺なのですが、蛸の彫像がお祀りされている珍しいお寺です。
 蛸薬師
 蛸の丸い頭を撫でると病気治癒に霊験があるということで参拝者が多く訪れています。
 
 新年も病床から離れられないであろう大切な友人と親戚と身内と・・・。
 そして、一年の時間の中で、悲喜こもごもの様々な出来事があり、それでもこうして無事、今、年の瀬を迎えられていることを・・・・。
 
色々な思いに、心を澄ましながら手を合わせた私の晦日でした。


今年もこのブログをご愛読下さり、温かく応援して下さいました皆様、本当に有難うございました。

どうぞご自愛の上、佳き新年をお迎え下さいね。 



このページのトップへ

『吟遊詩人の系譜』京都公演のご報告

 12月5日の京都公演が終わって、10日が経ちました。

 街はいつの間にかクリスマスや新年の準備で活気に溢れているように見えます。
 有難いことにこの一年、風邪も引かず、どうしてこんなに元気なのかしらと思いながら張り切って過ごしていたのですが、実は、数日前から少し体調が悪くなって、きっとこれはいつもの後遺症なのですね。
 でも、これもコンサート、この虚脱感と疲労感を今しばらくゆっくりと味わってみようと思います。

 頂いたお花が、まだ我が家のリビングに美しい名残りを咲かせています。
 深紅の薔薇は、一層深みを増して散り際の黒々とした香りを放って爛熟の美を見せています。

 いつも撮影をして下さる沢木さんに代わり、今回の公演はS氏がカメラマンを引き受けて下さいました。
 いつの間にか重要なコンサートスタッフの一員になって頂いているS氏からの素敵な写真をご紹介しながら、いつものようにフォト・レポート、京都公演を綴ってみたいと思います。
   
    
   開演まで
ライブハウス 巴里野郎の入口、通りから見えるこんな看板に、コンサートチラシが貼られてありました。

 階段を昇り、ステンドグラスの扉を開けると、コンサートの一日が始まります。
レンガと飾り物
 受付横の煉瓦が貼られた壁にランプが灯り、会場内を柔らかく照らしていました。年代物の調度品の数々がこの巴里野郎にはしっくりと溶け込んでいます。

 ピアニストの坂下文野さん、ヴォーカルの石川歩さんと共にリハーサルを開始します。

 音響や立ち位置を確認する石川さんの後姿にも心なしか高揚感が溢れているようです。
 鏡の中に写っている私と坂下さん。
リハ風景2  リハ風景1
 テーブルにはお客様を迎える準備が着々となされて。
 S氏のアングルはなかなか素敵ですね。

 二時間の入念なリハーサルを経て、いよいよ本番です。      
   
   
   コンサート 本番へ
 開演の13時30分を待たず、客席は文字通りの満席になりました。
 予約チケットをお持ちの方全員がいらして下さり、なんと幸せなことかと感謝で一杯です。
 開演が近づき、熱気に満ちたライブならではの別世界が出現します。

 第一部の幕開け。
 かなり気合が入っていたのでしょうね。
 肩に掛けた長いファーが歌に合わせてユラユラ、ブラブラと踊っていました。
 「ぴくぴく動く尻尾みたいで動物が歌ってるみたいだった」と後でお客様が笑いながらおっしゃっていました。

 シャミオールの時と同様、『たびだち』を会場と共に合唱したのですが、即興でハモって下さった方もいらして、心地よい大合唱となりました。
石川さんと
 歌う前の練習で、「はい!ここから入って下さい。」という前に、既に合唱の声が沢山聞こえていて、客席からのパワーは凄かったです。
 音楽を皆で楽しむ幸せに包まれた素敵な時間でした。

 ステージの三人のこの楽しそうな顔を見て下さい。

そして休憩をはさんで第二部へ。

第二部は『終わらないダンス』のコンサートテーマで進んでゆきました。
グラス越し
 カウンターのワイングラス越しにシャッターを押して下さったのですね。
 硝子の光とドレスのシルバーの糸の光が反射し合って、これも綺麗な写真です。

 そしてしっとりと、また力強く。
 コンサートは終盤を迎え更に高まっています。

 モデルさんのように美しい若い友人が二人でいらして下さいました。
 「生シャンソン、初体験なんです」とおっしゃりながら、「だから少しお洒落して伺いました。」と、素敵なシースルーの黒のドレスを颯爽と着こなして、辺りは一気に華やぎます。
語る
 その彼女なのですが、歌うにつれ、ステージからもわかるくらい涙をぽろぽろと流しながらじっと聴い入って下さいました。

 「心に真っ直ぐ入ってきて、本当に感動しました。」とおっしゃる涙ぐんだ目を見た時、私も胸が熱く込み上げてしまいました。

 「言葉」と「音楽」は生きていて、人を揺り動かす力を持っていること、それに関われる事の幸せを改めて思います。

 その彼女が言ったもう一つの言葉。
歌う
 「女の人は眉間に皺を寄せては駄目と、お母さんに言われて育ったけれど、眉間の皺を初めてカッコ良いと思いました。」とのお褒め??のことば。
 
 自分では気づきませんでしたが、皺を褒められたのは初めて、そんな一枚です。

 ピアニストの坂下さん、そしてシャミオールからご一緒して下さったヴォーカルの石川さんに心から感謝致します。
 三人で作りだす音楽。
 詩を深く読み込んで下さって、伝えたい言葉のニュアンスを最大限尊重しながら、質の高い音楽を奏でるピアノ。
 石川さんのデュエットとコーラス。
 共に一つの曲を完成させてゆこうとする気概に満ちていて、深い思いが美しいハーモニーを生み出します。
 
 そしてコンサートは無事終演となりました。

 今回は初めての試みで、コンサート終了後、そのまま会場の巴里野郎で打ち上げパーティーを行いました。
お客様も沢山参加して下さり賑やかな会でした。
沢山の食べ物と飲み物で大いに盛り上がっています。
パーティ  エッフェル塔クッキー
 スタッフMさん手作りのエッフェル塔のクッキーが大好評でした。

美味しそう
 そしてエッフェル塔のセーターの私。
嬉しそうですがこの大皿を全部一人で食べたわけではありませんので、誤解のありませんように。


 訳詞コンサートvol.9『吟遊詩人の系譜』、すべてを無事終えることができました。
 今まで様々な形で支えて下さったたくさんの皆様に心から感謝申し上げます。




このページのトップへ

ライヴ・コンサートのお知らせ

  松峰綾音 ライヴ・コンサート スケジュールのお知らせ
                                 (2015/10/12現在         
  
   (通常のブログはこの下の記事から始まります)

新橋シャミオールでのコンサートは、昼・夜とも多くのお客様にご来場いただき、無事終了いたしました。
  有難うございました。 
引き続き、京都巴里野郎でのコンサートへも、是非お出かけください。お待ちしております。



   *松峰綾音訳詞コンサートvol.9 『吟遊詩人の系譜』
      2015年11月14日(土) 
      昼夕二回公演( 13:30~  17:00~ ) 
      
         於 東京 新橋シャミオール
2015新橋チラシ



 好評のアーティストシリーズ第5弾、今年はJ.J.ゴールドマンを特集します。

 現代のフレンチポップスとシャンソンの源流、その魅力を是非ご堪能下さい。






   *松峰綾音訳詞コンサートvol.9 in 京都 『吟遊詩人の系譜』
       2015年12月5日(土) 13:30~ 

         於 京都 巴里野郎 

 京都「巴里野郎」でのコンサートは、満席のお客様にご来場いただき、無事終了いたしました。
 有難うございました。
 次回のコンサートにも是非お出かけください。

2015京都チラシ


  vol.9は東京から京都へ、今年もコンサートツアーです。 

 趣きある老舗シャンソニエ『巴里野郎』でのコンサートもどうぞお楽しみに。





  
 コンサートのお申込み・お問合わせは、このブログの左下「管理者へのメール(松峰宛)」からお願い致します。

 詳細は順次ブログにてご案内致しますので、是非お越しくださいますように。 


   2015年コンサートの日程が決まりました(2015.3.29 記)
   コンサートタイトルが決まりました(2015.6.16 記)
   Vol.9『吟遊詩人の系譜』詳細(2015.10.12 記)


東福寺でのコンサートは、用意されたお席を追加するほど多くのお客様にご来場いただき、無事終了いたしました。
  有難うございました。 
今後のコンサートへも、是非お出かけください。お待ちしております。


   *『採薪亭演奏会』
     松峰綾音訳詞コンサート in 東福寺  『巴里の香り』
       2015年9月13日(日)
          12:00開場 12:30~15:30
 
      於 京都 東福寺 大慧殿(だいえでん)=東福寺宗務本院
フライヤー表


 初秋の京都、東福寺 大慧殿で行われる毎年恒例の『採薪亭演奏会』。今年は「松峰綾音訳詞コンサート」となりました。

・・・シャンソンの芳醇な香りを東福寺でお楽しみ頂けたらと思います。
 (席数に限りがありますので、お早めに松峰までお問合せ下さい)



   
     『採薪亭演奏会』が近づいてきます(2015.8.11記)  
 
             (通常のブログ記事は、この下の記事から始まります)

このページのトップへ

『吟遊詩人の系譜』in京都 無事終わりました

   『吟遊詩人の系譜』京都公演、無事終えることができました
 12月5日の『巴里野郎』での訳詞コンサート、お陰様で無事終えることが出来ました。

 前日までの寒々しい空模様が嘘のような、麗らかな光の射す朝、会場となる『巴里野郎』に大きなキャリーバッグと衣装ケースを持って向かいました。
 バッグの中は、お客様にお出しするプログラム冊子やお菓子、ステージ衣装や靴・アクセサリー等々、ぎっしりと詰まって、その重みがコンサート当日であることを実感させます。

 東京から駆けつけて下さるヴォーカルの石川歩さん、ピアニストの坂下文野さんと私、現地集合で、早速、三人で通しリハーサルを始めます。
シャミオール 壁にかかるバルバラ
 13:00開場、13:30開演という結構早い時間のスタートで、丸ごとの直前リハーサルも時間との戦いでした。

 前もって、チケットは完売していましたが、その予約のお客様が、一人の欠席もなくいらして下さるという文字通りの満席となり、会場は開演前から温かい期待感で一杯に包まれて、これから始まるコンサートに強い力を与えてくれました。
準備が整う
 初披露の新曲ばかりを揃えて臨む今回の『吟遊詩人の系譜』、それだからこそのプレッシャーもあったのですが、そこに少しでも拘泥すると、歌が委縮してしまいそうで、<虚心になって伸びやかに歌うこと>、<ありのままの自分であること>、そんな思いを心に刻んでステージに立っていました。

 客席の全て・・・集中力、吐息,拍手、涙ぐまれる様子、全ての熱気が、コンサートを後押しし高めてくれます。

 今回は、コンサートの後にそのまま、打ち上げパーティーを会場の『巴里野郎』で行ないました。
 スタッフもお客様も一体となった賑やかな打ち上げの模様は改めてご報告致しますので楽しみになさって下さいね。


 京都の生活の中で絆を深めてきた友人・知人。
 ご興味を持っていらして下さった初めてのお客様。
 遠方から駆けつけて下さった旧知の皆様。
 そして、コンサートまでの日々の中で、沢山のお励ましやお力添えを下さった大勢の皆様、本当に有難うございました。

 改めて心からお礼申し上げます。
 
 
 まずは、無事終了したことの第一報を申し上げました。
 コンサートの詳細は、写真等が整いましたら、また改めてゆっくり記させて頂きたいと思っています。
  花束に囲まれて
   
   宴のあとに
 頂いたお花がリビングを飾ってくれています。
 コンサートの幸せな名残り、夢見心地の今の心身を香り高く包んでいます。
   
 この日の衣装と同じ色調のピンクの薔薇、そして情熱的な深紅の薔薇。
 大好きな薔薇の香りが漂います。
 白い小さなピアノの中にブリザーブドフラワー、大切に飾らせて頂きます。

 皆様のお心尽くし、ねぎらいのお言葉を今、改めて有り難く噛みしめています。



このページのトップへ