新しいシャンソンを新しい言葉に乗せて

   シャンソンの訳詞のつれづれに                      ~ 松峰綾音のオフィシャルブログへようこそ ~

『島ひきおに』の孤独

 前回の記事『鬼の行方』の中で浜田廣介作の童話『泣いた赤鬼』のことをご紹介したのですが、様々なご感想をお寄せいただき、大変嬉しく思っています。

 その中から、Fさんのお便りの抜粋です。

 「このお話は、今でも小学校低学年の教科書に載っていて、うちの子も最近授業で読みました。劇にして「卒業生を送る会」で上演するそうです。
私が子供の頃考えた続きは、しばらく経ってから(村人が青鬼のことを忘れた頃)、赤鬼が青鬼を探して連れ帰り、友達として皆に紹介して仲良しになる…というものでした。
大人にとっても、味わい深い物語ですね。」


 核心を子供心は敏感に捉えるのでしょう。
 納得のいく結末へと逢着する、子供らしい清々しさにホッとします。

 友人のA氏からも。
 「佐野浅夫 ーーー 語りの世界」(LP版)の中から山下明生(はるお)作の『島ひきおに』の朗読音源をお送り下さいました。
 B面には『泣いた赤鬼』が入っているそうです。
 何年も前からずっと聴き続けていらっしゃるというこの朗読に早速耳を傾けてみたのですが、これが今、心を離れません。
 引き続き鬼の話題となりますが、今日は『島ひきおに』のお話をしてみたいと思います。

   『島ひきおに』への招待
  <あらすじ>
   なんぼか むかしのはなしじゃそうな。
   ひろい うみのまんなかに、ちょこんと小さな島があって、
   ひとりぼっちで おにがすんでいたそうな。

「島ひきおに」の表紙

 という文章で始まります。
 鬼は毎日、ひとりぼっちで寂しくてたまりませんでした。
 ある嵐の晩、漁船が、助けを求めて鬼の島へやってきます。
 孤独だった鬼は人の訪れを喜び、漁師たちを歓迎するのですが、漁師たちは命を取られるのではと恐れおののき近づこうとしません。
 「人間たちと一緒に暮らすにはどうしたらよいのか」と尋ねる鬼に、漁師たちは、自分たちの島は狭いので、鬼が島をひっぱってきたら一緒に暮らせるのだが、と、口からでまかせを言います。
 これを信じ喜んだ純朴な鬼は、漁師たちに言われた通り本当に島を引っ張って海を歩き、人間たちの住む村へと向うのです。

 鬼は、ただ寂しくて誰かと一緒にいたかっただけだったのですが、行く先々の村で、忌み嫌われ、騙され、厄介払いされ、それでも鬼はまだ、一緒に暮らしてくれる相手を探して島を引き、やせ細ってしまった体でなお、人間と鬼が一緒に幸せに暮らせるという南の島を目指して深い海を渡り続けるのでした。

  <作家の言葉>
 童話作家として活躍し、絵本『バーバパパ』シリーズの翻訳等でもよく知られている山下明生氏がこの『島ひきおに』の作者です。 巻頭に読者への次のようなメッセージが記されていました。
 山下氏のこの前書きの文章自体が、とても詩的で、『島ひきおに』に胎動する底知れぬ孤独感をじっと見つめる眼差しを感じますので、ご紹介させて頂こうと思います。

 私のいなか、広島県の能美島のすぐそばに、敷島という無人島があります。
 もとは引島(ひきしま)と呼んでいたそうです。鬼が引っ張ってきた島だから、引島といったんだと、私は小さいときからきかされました。
 いかにも鬼が引っ張ってくるのにふさわしい、周囲数百メートルの小島です。
 私はこの言い伝えが好きで、たびたび小舟をこいでこの島にわたりました。
 島のてっぺんには、何をまつっているのか、古ぼけた祠(ほこら)がありました。きこえてくるのは、波の音、沖をとおる船の音、松の梢をすぎる風の音・・・。
 そこは、孤独がしんしんと身にしみる霊場でした。私は祠の前に腰をおろし、島をとりかこむ海をながめながら、この島を引っ張ってきたという鬼のことを想像しました。いいつたえでは、鬼はここで力尽きて、死んだというのです。
 しかし、私はこの鬼を死なせたくなくて、自分の空想の中で、どこまでも海を歩かせました。何しにいくのか、どこまでいくか、・・・・考えながら、自分がいつの間にか鬼になっていました。
 

 私の最初の心のうずきは、孤独だったと思います。だれにも遊んでもらえぬ昼さがり、泣いてかえる白い道・・・そして、今日までこの孤独と愛の問題をひきずりながら、「島ひきおに」のように歩きつづけてきた気がするのです。

  <朗読の魅力>
 朗読には、黙読とは違った効用があると思います。

 ただ、耳で味わうのに適した作品と、文字を目で捉えることによってこそ味わえる作品とがあり、そういう意味で私は普段から、朗読で文芸作品を味わうことにかなり慎重になっています。
 
 感情移入が強すぎるとき、もっと抑制の効いた朗読のほうが、却って作品の良さが伝わるのにと残念に思うことも時々あるのですが、でも、この佐野浅夫さんの朗読は何の違和感もなく、鮮やかにイメージが広がり、心に沁み入ってきて、本当に感激してしまいました。
 名優の力量なのでしょう。 そして作品への愛情と理解の賜物なのでしょう。
 聴くにつれ、一編の童話の世界が大きく広がって、優れた演劇が小宇宙を創り上げてゆく時のような大きな魅力を感じました。
 肉声が生み出す、ナイーブな揺れ、怒り、絶望、切なさ、喜びが胸を貫いてゆく気がします。

 作者に、海や波や風の音を聴いて育った素地があるので、物語の中の言葉が、既に自然の旋律やリズムを醸し出すためなのかもしれません。
 「おーい、こっちゃきて遊んでいけ」
 と叫ぶ鬼の言葉が、随所にちりばめられているのですが、ある時は寂しく、ある時は喜びに満ちて、そして歌うように、最後は弱り切った体を振り絞るように切なく、童話の世界に響きわたって、受け取る側の心を強く揺さぶります。

 読書する目は、文字の背後に豊饒な世界を描き出し、聴く耳は、肉声に感性の流露を感じ取るのでしょうか。


  <鬼の孤独>
 この『島ひきおに』には、『島ひきおにとケンムン』という続編があります。

 Fさんが子供の頃、『泣いた赤鬼』の続きの物語を作ったように、作者もまたこの『島ひきおに』がこのまま南の島に向かう海に命果ててしまうのでは如何にも哀れであると考えたのかもしれません。
 物語は更に大きく展開していますが、皆様だったらこの先にどのような物語を用意なさりたいでしょうか。様々に思い巡らせてみて頂ければと思います。


 この『島ひきおに』の世界は、鬼という異種が日常の生活に紛れ込んできた時に、それを認めることができないが故の悲劇とも言えるかもしれません。
 先入観が、本質を見極める目を曇らせてしまうことや、よそ者を排除する非情や、それゆえに没個性に向かってゆく危険や、1973年に発表された童話ですが、現代に巣食う様々な問題を喚起させるに足る今日的な童話でもあります。

 それにしても。
 この童話を覆い尽くしているものは、孤独感そのものであるように思います。
 生きること、存在することが持つ孤独。
 島を引きながら果てしない海を彷徨う鬼の孤独がどうしようもなく切なく沁み入ってきます。

 童話なのに重く哀し過ぎる気はしますが、でも、それを見つめることからしか出発できないものがあるのでしょう。

 Fさんがそうだったように、きっと鬼が真に幸福になる物語を希求して、更にこの続編を考える子供たちが多くいて欲しいですし、それがまた『島ひきおに』を生み出した作者の願いでもあるのではないかと、そんなことを感じています。



このページのトップへ

鬼の行方

   吉田神社の節分祭
 節分も終わり、また新しい年が始まりました。
 節分はただ豆まきの日と思われがちですが、旧暦の大晦日、一年の邪気を払い清め、新たな年明け=立春を迎えるまさに節目の意味を持っていますね。

 2月2日、アンスティチュ・フランセ関西(旧日仏学館)での授業の後、すぐ近くの吉田神社の節分祭に行ってきました。
 京都の節分といえば何と言っても吉田神社、今年も大変な賑わいを見せていました。
室町時代から続く、信仰と伝統を誇る京洛の一大行事、約50万人もの参拝者、800店余りの露店が軒を列ねると言われます。
参道の屋台  参道の賑わい
 
 2日は前日祭でしたが、すでに大変な人出で、鬼たちが境内を行き来し、参拝客と記念撮影をしたりの大サービスです。
赤鬼と子ども
 いずれも優しくて剽軽な鬼なのに、それでも幼児にはかなり恐ろしいものに映るらしく、鬼が傍に近づくと大抵の子供は火がついたように泣き出します。

福豆の授与
 秋田のナマハゲなどと同様に、邪を払い幸せをもたらすという認識があるのでしょうか、赤ちゃんや幼い子供が大声で威勢よく泣き叫ぶほど、傍で両親は喜ぶという光景をいくつも目にして、とても面白く感じました。

 参拝をし、「厄除け福豆」を買い求めながら、鬼のことをふと考えました。

   『泣いた赤鬼』
 童話作家浜田廣介が書いた『泣いた赤鬼』、子供の頃にお読みになったのではと思います。

 人間に忌み嫌われる鬼の身を嘆いて、赤鬼は、親友の青鬼に人間と仲良くなれる方法はないかと相談する。青鬼は、自分が人間に悪さをして脅かすので、それをやっつけるヒーローになれば、きっと人間と仲良くなれるとアドバイスをし、一芝居打つことになる。
赤鬼
 青鬼の策略は功を制し、赤鬼は人間から愛され、楽しい毎日を過ごすが、それ以来、青鬼は一度も姿を見せることがなくなった。気になって、ある日、青鬼の家を訪ねてみると、赤鬼にあてた手紙を見つける。そこには、次のように記されていた。
青鬼
 「赤鬼くん、人間たちとはどこまでも仲良くして、真面目に付き合って楽しく暮らしてください。僕はしばらく君にはお目にかかりません。このまま君と付き合っていると、君も悪い鬼だと思われるかもしれません。それで、ぼくは、旅に出るけれども、いつでも君を忘れません。さようなら、君。体を大事にしてください。どこまでも君の友達 青鬼」という青鬼からの置手紙であった。
 赤鬼は黙ってそれを何度も読み、しくしくと涙を流して泣いた。


 ざっとですが、こんなお話だったかと思います。
 このお話は今でも小学校などで取り上げられているのでしょうか。
 小学校低学年の頃、国語かホームルームか、クラスで感想や意見を言い合ったような気がします。青鬼礼賛派と少数の批判、赤鬼弾劾派と擁護説など、様々に意見が飛び交っていましたが、私は、子供の頃から犠牲的精神というものに非常に敏感に反応し感動するタイプでしたので、この青鬼の手紙に、まさに赤鬼のように涙したものでした。

 今大人になった目でこの物語を考えるとまた違った興味深いものを感じます。

 青鬼は、赤鬼のように自らの身を嘆くことはせず、静かにあるがままを受け入れているのですが、それでも友の幸せのために犠牲的精神を発揮する、その結果、自分が窮地に立たされてもそれを厭わない、実に善良な心根を持った、そして自己確立の出来ている鬼です。
 宿命を受け入れて動じない強さを感じますが、でも、それだったら、赤鬼にもその姿勢を貫いてありのままであればよいと諭すこともできたのではと、少し残念にも思います。
 それでも敢えて、相手の気持ちに寄り添ってしまった所が、青鬼のほろりとした<生きる弱さ>でもあり、<優しさ>だったのかもしれませんが。

 一方、赤鬼は、青鬼に比べるとずっと軟弱です。自分が疎外されることに大いなる不安を感じ、青鬼という親友がいるにも関わらず、人間とも仲間になりたいと望み、青鬼の善意に依存します。
 そして、その結果もたらされた幸せに有頂天になり青鬼の身を案じることさえ忘れてしまい、後で後悔の涙を流すという情けない役回りです。
 後悔したにも関わらず、最後に青鬼を何が何でも連れ戻そうと覚悟して旅に出た様子もないことからも、弱点多き人物像なわけですが、それがまたある意味、愛すべき人間臭さでもあるのかもしれません。

 それにしても、負の部分を、独りですべて引き受けた青鬼は一体どこに向かったのでしょうか。
 
   福は内 鬼も内
 人間を襲う凶暴な青鬼は、実は自己犠牲に富んだ優しい性格だったわけで、内面世界とは、表層的にそう易々と割り切れるものでもなく、善・悪、美・醜、強さ・弱さ、そんなすべては表裏一体であり、渾然と混ざり合っているものなのでしょう。

 そういう曖昧さを認めて、丸ごと許容して行こうとする日本的な考え方が、この『泣いた赤鬼』の童話の中にも見て取れるのではないかとふと思ったのでした。

金峯山寺
 奈良吉野の金峯山寺(きんぷせんじ)では節分会には『福は内 鬼も内』と唱えるのだそうで、節分で全国から追われた鬼達はここに集まり、「鬼おどり」を舞うことで心を入れ替えるという不思議な言い伝えがあります。
 
 人の中の佳きものを掬い出すようなこういう考え方は素敵ですし、ロマンチックなものを感じますね。

 また一方、天河大弁財天社でも『鬼は内 福は内』と唱え、節分前夜には鬼の為に宿を用意するのだと聞いたことがあります。
 鬼は人智を超えた大いなる力を持つ神なのだから追い払ってはいけないという信仰に基づいているのでしょう。


 人は誰でも多かれ少なかれ、心の中に弱さや鬼の目を持っているのだとするなら、それをどう飼いならし、佳きものへと変貌させていくか、本当の意味での心の鍛錬が必要なのではと思うのです。

 様々な思いと祈りの中で静かに手を合わせた今年の節分でした。




このページのトップへ