FC2ブログ

新しいシャンソンを新しい言葉に乗せて

   シャンソンの訳詞のつれづれに                      ~ 松峰綾音のオフィシャルブログへようこそ ~

『ライムソーダの夏』東京公演終わりました

 8月21日に開催致しました内幸町ホールでのコンサート、大勢のお客様にお越しいただき、お陰様で無事に終了いたしました。
 遅くなりましたが今日はそのご報告をさせて頂きます。
 
  カメラマンの沢木瑠璃さんが撮影して下さった素敵な写真をご紹介しながら『ライムソーダの夏』の一日を振り返ってみたいと思います。


   ~開演まで~
 悪天候に挟まれたこの日、暴風雨の予報にもかかわらず、晴れ渡った良いお天気で、お会いするすべての皆様から「良かったですね」「運が良いですね」「やはり稀代の晴れ女ですね」と絶賛された朝でした。
 翌日は台風が直撃しましたから、もしも一日ずれていたなら、お客様は半数もいらっしゃれなかったのではないでしょうか。
 すべては最終的に神様に委ねられているのだと痛感します。

 10時半には、お手伝いのスタッフの殆どがホールに集合し、てきぱきと準備開始。
 
 受付に整然とプログラム冊子。
 24ページに渡る、原曲と訳詞の解説を中心に記したこだわりの労作なのですが、コンサート後にもお問い合わせが多くある人気のプログラムなのです。
    プログラム    花かご
 友人知人からの心尽くしの花束が受け付けに並びます。
 8月、向日葵、会場が夏色に染まっています。

 そして通しリハーサルが始まります。
 スタンバイした途端、突然ハッピーバースディーの歌声がホール中に響きました。
ハッピーバースデイ
 実は、8月21日は私の誕生日なのです。
 それを知ったスタッフ・出演者の皆様からの拍手と心尽くしのお祝いの歌、素敵なサプライズに胸が熱くなってしまいました。
 素敵な誕生日、素敵なコンサートのスタート、拍手に包まれて幸せ一杯の私です。

 二時間のリハーサルを経て、いよいよ本番へ。
 三浦先生 小野さん 藤山さん 石川さん 古村さん
 出番を待つ出演者の方々の凛とした表情に背中を押されます。

   コンサート第一部 ~10 selections~
幕が開き、椅子に座って読書をしているところからコンサートはスタートします。
お茶の時間
 オープニング曲は『お茶の時間』。
 歌詞の「フォーレの曲を彼の部屋で聴いている」というくだりにちなんで、フォーレの音楽を幕開けの前奏に選びました。
 そこから一曲目の『お茶の時間』につながってゆきます。
 第一回目の訳詞コンサートのタイトルが『お茶の時間』であり、そのオープニング曲でもあったので、これは、いわば私のルーツとも言える曲なのです。
開幕のあいさつ
 「皆様、こんにちは。本日はようこそ・・・・」とあいさつを始めています。  
 第一部は、これまでの集大成として、おなじみの曲を集めてみました。
 「コンサートで何回か聴いてきた曲が多かったので、懐かしく楽しかった」・・・いつもお出で下さるお客様からの有り難いお言葉、世間的にはマイナーですが、でも私のコンサートの世界では周知の人気曲になっているものばかりです。

 『Je t’aime』を歌っています。
 「ガラスの扉を砕き尽くして 身も心も貴方に捧げたい」のフレーズで硝子が砕け散って空から欠片が降ってくる、そういう演出で、動画を流してみました。
  一瞬、固唾を呑むという気配が客席に流れて、コンサートの雰囲気も高まってゆきます。
ジュテーム  流星群
 続いて『流星群』。
 ダークブルーの照明にキラキラと星が瞬いています。
小さなトーシューズ

 ダンサー古村梓さんの踊るピエロが切なくて美しい『小さなトーシューズ』。


きのこのクレープ

   ナイフで刺し殺す瞬間、『きのこのクレープ』。



 そして一部最後の曲『たびだち』。
 こんなスーツケースをステージに置いてみました。
    スーツケース    たびだち
 客席と共に何回も唱和した幸せな瞬間でした。

   第二部前半 ~ライムソーダの夏 ~
 リヨン駅

 ライム色のドレスで二部はスタートしました。
 テーマは「ライムソーダの夏」です

 夏のバカンスの曲から。

 舞台には先ほどのスーツケースがシンボリックに旅の雰囲気を添えています。


 再びダンスが加わります。
ダンス2  ダンス1
 古村さんは曲を聴き込み、訳詞の世界を繊細に感じ取って、それを全身で美しく表現して下さっていて、その踊る姿には、音楽と詩と溶け合ってゆく心地よさがありました。

go to the river

 いつもながら、石川さんとの息の合ったデュエットでコンサートも最高潮を迎えようとしています。



   第二部後半 ~希求~
 第二部後半のテーマは『希求』。
バルバラ
 衣装を替えて登場、制限時間は1分20秒。
 舞台袖で秒数をカウントされながらの早着替えは舞台裏ならではのバタバタの情景です。
 でも素知らぬ顔で、粛々と登場。
 『バルバラ』からスタートしました。
  フィナーレ
 今この時も、戦火の渦中にある世界のこと、自然災害に襲われ失意の中にある方々の想い、歌っていると大きな感慨が胸に溢れてきました。

 コンサートのフィナーレです。


アンコールで頂いた花束に囲まれて。
最後はいつも通り『愛の約束』で締めくくりました。
 第一回目から歌い続けてきたこの曲に万感を込めて。
 この曲に支えられて、私の歌への力は生まれているそんな気がしました。
   愛の約束     花束 
 10周年の節目のコンサート、ステージも客席も一つになり、共に同じ場所に生き、同じ時間を共有している、そんな幸せをしみじみと感じました。

 ありがとうございました
 公演の日を、色々な形で支えて下さった皆様。
 お越し下さったお客様。

 応援、お励まし下さった全ての皆様に心から感謝いたします。
夜のカウンター
 一週間後、9月4日の京都公演も良いステージとなるよう全力を尽くしたいと思います。
 会場のOILはカジュアルな雰囲気のカフェバー。
 同じ曲たちもきっと違った表情をみせることでしょう。

 また新たな場で音楽と人との新たな出会いの時を持てることが楽しみでなりません。

 どうぞ皆様、京都にも是非お越しくださいね。




このページのトップへ

一週間前の所感

 お盆休み、如何お過ごしですか。
 高校野球、そしてオリンピック観戦と、熱い声援で盛り上がる毎日ですね。

 私は・・・コンサートまで後一週間となりました。

 この夏は公私共慌ただしい出来事が続いて、文字通り東奔西走しています。

    雨ニモマケズ
    風ニモマケズ
    雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
    丈夫ナカラダヲモチ
    慾ハナク
    決シテ瞋(イカ)ラズ
    イツモシヅカニワラッテヰル

 サウイフモノニ ワタシハナリタイ (そういう者に私はなりたい)
 で結ばれる30行の宮沢賢治の詩『雨ニモマケズ』になぜか時々、ひどく感動することがあり、この夏も繰り返し暗唱しながら、(私、この詩、全部覚えているのです)猛暑を駆け抜けておりました。

 諸事を縫ってのコンサート準備ですが、でも、お陰様でいくつかの懸案事項も何とか解決しました。
 ゲネプロ(通し稽古)も数日前に無事終えて、今、ステージの全体像が見えています。
 
 出演者皆、気合い充実で、今回もパワフルな楽しいコンサートになりそうな嬉しい予感があります。
 どうぞ楽しみになさって、是非お聴きにいらして下さいね。
 
 両会場とも、まだ少し空き席があります。
 今からでも迅速に対応させていただきますので、どうぞお早めにご連絡を!

 
 勿論、直前でないと出来ないことや直前にこなさなければならない雑多な諸務が、この時期はどっさりと生じるのですが、そういうささやかな一つ一つを億劫がらず、焦らずに、心を込めて行っていけば、きっと神様はご褒美を下さるだろうなと、太平楽ですが、いつもそんな風に思って自分なりに頑張っています。
 
 でも、<ご褒美>って何なのだろう?
 今の私の願いは、コンサートの幕が無事開くこと、そして納得のいく形で精一杯務めることが出来ること、何よりお客様が喜んで下さること。

 まずは健康でなければ、全ては始まりませんし、周辺に何か一つでもアクシデントが起こったなら、今まで積み重ねてきたことがガタガタに崩れてしまうこともあります。

 スタッフを始め、関わって下さる全ての人との意思の疎通を密にして、チームワーク・絆をより堅固なものに高めてゆくことも必要不可欠でしょう。

 コンサートの成功の全ては自分自身の努力にかかっている事は言うまでもないのですが、それでも最終的には、不可抗力の、よくわからない巡り合わせというか、運のようなものに左右されるわけですので、今は宝くじに当選するよりも(くじ運ゼロの私に当たるわけもありませんが)、無事であることを祈る気持ちで一杯です。

 そして、本番まで、心と体のコンディションを保って、楽しみながらベストな状態に持ってゆくことが最大の課題かなって思っています。


 オリンピックも始まって、それぞれの種目、選手たちの活躍ぶりが毎日放映されています。

 一回きりの勝負は、人との出会い、一期一会とも似ていて、いつも予測不能な未知の世界に踏み出してゆく期待や、緊張や、手探りであることの恐れがあるのではと思います。
 長期間、大変な努力を積み重ねてきてもその成果が必ず得られるというわけでもなく、悔し涙を流すことも圧倒的に多いでしょう。
 それも含めて、目に見えない障壁にひた向きに挑戦してゆく清々しい姿に、見ている側も心を打たれます。

 自分一人の孤独な舞台に立つ戦士のようですが、でもその陰には、また、沢山の人たちの応援と支えがあります。

 テレビで観戦するだけですが、それでも、勝った者、負けた者のそれぞれのドラマに心を奪われ、勇気付けられる思いがしています。

 オリンピックのような晴れ舞台は特別かもしれませんが、考えてみれば、私たち誰もが自分だけのささやかでも一度きりの真っ白なステージに立って、流れる時の中で、自分らしい彩りを加えて行くのでしょうね。

 そんなことを殊更感慨深く感じます。

 他人事ではなく、迫ってくる自分のステージ。
 挑戦出来るものが具体的に見えている幸せをしみじみと感じる、本番一週間前でした。


   おまけのお話
 いつもマニキュアで、ジェルネイルは何となく敬遠していたのですが、今回のコンサートの舞台美術、衣装等の演出をお願いしているRさんから、「マイクを持つ手元が綺麗なのでは」というお薦めがあり、初ジェルネイルに挑戦してみました。
ジェルネイル1
 
 この写真、指先の様子がおわかりになるでしょうか、
 デザインも彼女とご相談しながら決めたものです。
 ベースにライムカラーが混ざっていて、夏の海をテーマにしています。
貝殻やヒトデの中に、キラキラと光る砂粒や海の波しぶきが弾けているイメージです。
ジェルネイル2
 指先、ドレスなど、コンサートの本質から離れたことのようにも思えますが、でも外観・中味全てが融合し高められて、一つのステージは出来上がってきますし、そういう細部のこだわりも実はとても大切なのではと私は感じています。

 お客様をお迎えする時、玄関を掃き清めるそんなおもてなしの心と同様なのだとご理解頂けたら・・・。

 楽しみながら準備は進んでいます。



このページのトップへ