FC2ブログ

新しいシャンソンを新しい言葉に乗せて

   シャンソンの訳詞のつれづれに                      ~ 松峰綾音のオフィシャルブログへようこそ ~

ひまわりとライムソーダ

  「東京はやっと梅雨が終わって、今日から夏が始まりました」と一昨日東京に住む友人が苦笑いしながら話していました。
 関西はひたすら暑く、関東は雨ばかり続く毎日でしたが、あっという間にもうすぐ8月も終わりですね。

 短すぎる夏
 短すぎる季節
 日々、平凡であっても、やはり昨日と違う新しい今日がやってきて、様々なことが起こります。
 泣いたり笑ったり格闘したりと、滑稽でも懸命に向き合う一つ一つの積み重ねが、自分の生きた証しとなっているのだと、当たり前ではあるのですが、ふと、感慨に浸るのも季節の終わりの余情なのかもしれません。

   サロンコンサート『夏の物語』
 忙中閑あり、今年も大好きな軽井沢で何日かを過ごすことができました。
 そこで、思いがけず素敵な出来事があったので、ご報告致します。

 この数年来、親交のある方からのご依頼を受け、サロンコンサートを開くこととなりました。

 コンサートタイトルは『夏の物語』
 急遽、出来上がったご案内チラシがこちらです。
チラシ2

 向日葵(ひまわり)畑で花束を手にしている後ろ姿は私。
 鋏を貸してくれて、畑から自由に刈り取った向日葵を安価で分けてくれます。

 コンサートのドレスコードはカジュアルな服装であること、但し、マストアイテムは向日葵。

 瀟洒な佇まいのお宅のリビングが会場でしたが、音響は心地よく整えられ、光の具合も柔らかく仮設ステージを照らしていました。

 さりげなく活けられた向日葵の花が、私の今年の夏の飛び切りの僥倖であるような気がして、温かく寛いだ空気の中で歌うことの出来る幸せを噛みしめていました。

 昨年の8月21日は、訳詞コンサートvol.10『ライムソーダの夏』を開催しました。
 10周年記念コンサートでしたので、自分のバースディーに重ねてみたかったのです。
 節目になった昨年、あれからちょうど一年が経って、やはり同じ8月21日に開催という今回の嬉しいお計らいでした。
 「ライムソーダ」も用意して下さって、和気藹々としたコンサートのひと時が流れました。

 その時のビデオと写真を組み合わせて3分ほどの動画が出来上がりました。
 ほぼ、すっぴん、普段着で歌っている極私的動画で恥ずかしいのですが、勇気を出してお見せしてしまいます。
  サロンコンサート「夏の物語」より
 音楽を通しての楽しい空気を感じて頂けたら幸いです。


   家畜改良センター長野支場 ~向日葵畑~
 長野での最後の休日=昨日、足を延ばして佐久にある「家畜改良センター長野支場」に行ってきました。
長野牧場
 「家畜改良センター長野支場」(正式には、茨城牧場長野支場なのですが、なぜか看板は、通称の長野牧場となっています)は、家畜のエサとなる優良な飼料作物品種種子の生産・検定・品種証明、飼養管理しやすい山羊の生産及び利用促進、飼料作物種子と山羊に関する調査研究、地域貢献のための各種活動、などに取り組んでいます。
山羊の牧場

というわけで、牧場にはこんな風にヤギの群れが長閑に草を食んでいました。


数日前のサロンコンサートを彩った向日葵の余韻が強く残っていて、広々とした向日葵畑が急に見たくなったのです。
ひまわり畑1 ひまわり畑2
その向日葵畑。
青空に映えて。
向こうには浅間山。牧草が綺麗に刈り取られています。
牧草地   白樺と落葉松並木
 幹の太い白樺と、すっくとそびえる落葉松並木です。

  ・・・・・・・・・・・・・

 昨日、この景色の中に立っていたのが嘘のようで、先ほど京都に戻ってきました。
 信州は朝夕20℃を切っていましたが、こちらは夜になったというのに、まだ34℃の室温です。

 少し離れるだけで全く異なる風景と空気。
 信州での短かくも楽しかった夏に想いを馳せながら、しばらく続きそうな京都の熱帯夜を乗り切りたいと思います。



このページのトップへ

動画サイトの開設

 昨日の台風から一転して、今日は何事もなかったかのような気持ちの良い夏空が広がりました。
 穏やかな青空が却って、自然が隠し持っている脅威と、その中で翻弄されながら生きている人間の存在というものを強く感じさせる気がします。

 この度の台風、そして豪雨で大きな被害に遭われた皆様に、心からお見舞い申し上げます。
 天候異変、それに伴う自然災害の目を覆うようなニュースが毎年報じられます。
 大変な渦中にいらっしゃる皆様が、どうぞ一日も早く、いつもの穏やかな日々に戻ることができますように。

   動画サイトの開設
 さて、前々から考えていた動画サイトがこの度立ち上がりましたので、ご案内させていただきます。

 このブログと、そしてWEB松峰綾音を継続してお読み下さっている皆様、いつもありがとうございます。

 そういう皆様から、「ところで、松峰さんの声ってどんななのですか」から始まって、「歌のことを記しているのだから、やはり歌そのものを聴いてみたいです」とか、「特に『訳詞への思い』で紹介のある曲については実際に歌っている歌を流して欲しい」というようなご要望をこれまでにもいくつも頂いていました。

 確かにその通りですよね。

 でも、正直に言うと、「私の立ち位置は、訳詩家である」というような思いもどこかにあって、「自分の歌っている姿を敢えてネットに流すというのも・・・・」というためらいで、逡巡していたのかもしれません。

 そんな背中を押してくれた友人たちや、WEB関係のことが皆目わからない私に力を貸して下さった方々のお蔭で、WEBの中に動画サイトを立ち上げることができたのです。
 普通はそんな大仰に言うことではなく、こういう世界に携わっている人なら誰でもが行っている当たり前のことなのでしょうけれど・・・自分にとっては画期的な一歩ということで・・・。

 これまでのWEBのページに動画集を加えました。

 是非チェックなさってみてくださいね。
 現在はまだyoutubeに4本ほどUPしただけなのですが、これが最初の歩み、皆様にご紹介したい曲を吟味しながら、これから少しずつ増やしてゆこうと思っています。

 「訳詞への思い」でこれまでのように曲紹介をしっかりと記した後、実際の歌もUPしてゆくという手順を踏めたら、より自分らしく発信できるのではという気がします。

 作った詩、紹介した曲がたくさんの方たちに愛され、覚えていただけることは何より嬉しいことではあるのですが、その反面で、大事な作品や歌詞が間違って伝わっていくなどの危険も増えるわけで、生みの親としては二律背反、悩ましいところでもあります。

 でも、これは、楽しんで聴いてくださる多くの方には全く無縁のお話ですね。

 自ら歌われるプロ、アマの方たちに向けて、「歌いたいご希望のおありの方は事前のご相談をお願い致します」という文言を必ず付け加えるようにしています。

 コンサートで取り上げた曲を中心に、今後、動画でもご紹介して参りますので、楽しみになさって下さい。

   おまけのお話1
 今回作成したyoutubeの僕になついた猫」の表紙の黒猫は、この曲を聴いて下さったお客様からの写真を使わせていただきました。
クロ
 愛猫のまさにその名も「クロ」ちゃんです。

 「仔猫は君とまどろむベッドのシーツにくるまり遊ぶ」のですが、シーツと同色で溶け込んでしまいそうな雲みたいにフワフワな<真っ白い猫>が似合うような気もしますし、真っ白なシーツにくっきりと黒い塊のような黒猫が「足元でそっと鳴く」というのもとてもお洒落な情景である気もします。


   おまけのお話2
 夏の恒例、ブルーベリージャムを今年も作ってみました。
 今年はとりわけ新鮮なブルーベリーで、蜂蜜はほんの少しだけしか入れていないのに、自然な甘みが冴えてとても美味しいジャムに仕上がりました。
ブルーベリー ブルーベリージャム
 今年も無心になってジャム作りをする時間が持てたことに感謝しながら、8月を過ごしています。
 皆様も暑さに負けずに乗り切ってくださいね。


このページのトップへ