FC2ブログ

新しいシャンソンを新しい言葉に乗せて

   シャンソンの訳詞のつれづれに                      ~ 松峰綾音のオフィシャルブログへようこそ ~

東京公演、無事終りました

 昨日2月2日の新橋シャミオールでのコンサート、お陰様で無事終えることができました。
 
 昨年2月の『恋するバルバラ』コンサートからちょうど一年ぶりのシャミオール、懐かしい、居心地の良い空間の中で、今回は出演者4人、全てが華やぎ、いつもなら、開演前じっと一人で向かう楽屋の鏡にも女性3人。<同志>という感じの、幸せな連帯感を感じました。


 今はただ、コンサートまでの日々を温かく見守って下さり、エールをお贈り下さった、そのお一人お一人、一つ一つの思いに、改めて心からお礼を申し上げるばかりです。

 そして、共にコンサートの時間を過ごして下さいましたお客様、全てを委ねることのできるいつもの最強のスタッフ、大きな勇気と力を、本当にありがとうございました。

 今年は寒い年明けでしたから、雪でも降ったら・・・と当初随分心配していたのですが、20℃という異例の暖かさ、朝降っていた雨と強い風も午前中に上がり、久しぶりに汗ばむくらいの麗らかな日和でした。
「本当に晴れ女ね!」と友達にからかわれて、お天気女の面目躍如でした。

 こうしている今、まだ、コンサートの様々な余韻と高揚感が心地よく残って、どこか気持ちが浮遊しています。
 
 今回は昼の部と夜の部の二回公演、2~3名の方から「インフルエンザに・・」というご連絡があったのですが、どちらの回も、ほぼ満席となり、沢山のお客様にいらして戴けてスタッフ共々大感激でした。
 お越しくださいました皆様、楽しんでいただけましたでしょうか。 
 本当に有難うございます。
 
 今回もこのコンサートで、沢山の出会いと発見がありました。
 今、様々な場面の中で、刻まれた思いが胸に鮮やかに去来します。
 今回の、ボーカル・石川歩さんと、アコーディオン・早川幸子さんのお二人の友情出演もどちらも大好評で、皆で今、充実感を一杯に感じています。
 
 
  
 お話ししたいこと、ご報告したいこと、面白いお話ももう尽きないくらい沢山あるのですが、でも、コンサートの後処理をこの数日、まずは心を込めてさせていただき、改めてゆっくりご報告致しますね。
 
 たくさんの花束を頂戴いたしました。(速報なので今日はこの一枚の写真だけですが、後ほど・・・・。)
頂いた花束 
少し年上の素敵なお友達が4人でお贈り下さった花束、春の訪れを運んでくれる優しい色、ニュアンスのある大人色が素敵に似合う魅力的な先輩からのプレゼントです。
コンサートの後「良く頑張ったわね」と、優しくねぎらって下さって、何だか子犬みたいに弾んでしまいました。心が柔らかく溶けてゆくような ほっとする気持ちになりました。

 いつも力を貸してくれる若いスタッフ達からの、元気色の黄色の薔薇。エネルギーに溢れる幸せな花束。私の自慢の教え子の皆様、ありがとう!

 薔薇の好きな私に、可愛くアレンジして下さった深紅の薔薇のブーケ。
そして、以前大変お世話になったコンサート会場の素敵なスタッフの方からもやはり深紅の花々のアレンジフラワーを頂きました。
ステージから一番よく見えるカウンターの横に置かせていただきました。ずっと私の事を覚えていて下さって、本当に嬉しいです。
そして、更に沢山・・・。
 荷物は宅急便で送りますが、お花たちは全部新幹線に乗せて、明日京都に戻ります。

今回もたくさん写真を撮って頂きましたので、改めてご報告レポートと共にUP致しますね。楽しみにお待ちください。

インフルエンザが猛威をふるっていますので、皆様お気をつけください。

今日からまた心新たに2月16日の京都公演に向かいたいと思います。



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する